×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

powerd by 楽市360

『今、サックスがアツい!』

「格好いいなぁ」
会社の帰りに、路上で黒人がサックスを吹いてるのを見ると、私はしばし足を止めて見入ってしまいます。自在にサックスを吹けるのが羨ましく思えるのです。
でも、サックスなんて習える場所なんて、そう無いだろうし……。
と思っていたら、意外にサックスを教えてくれる教室があるのを知って驚きました。
しかも、初心者を対象にした教室や、本格的なジャズを教える高度な教室まで、幅広く教える環境が整っていたのです。
グループレッスンで教える教室もありますし、個別に教える教室もあって、サックスを習いたい人の好みに応じた教室が沢山あるのです。
知りませんでした、今、サックスって物凄く人気があったんですね。
私も今度、見学に行こうと思います。

『む、難しい!』

当たり前と思われるかも知れませんが、サックスで一番重要なのは『吹き方』なんだそうです。
なぜ、吹き方が一番重要かというと、サックスほど吹く人によって音色が変わる楽器はないからなのです。それ故、吹く人の個性や、その時の状態によって音色が変わってしまうサックスは『声に一番近い楽器』とまで言われています。
基本となる吹き方もマスターするには、それなりの練習が必要で、吹き方以前に重いサックスを持つのに苦労する方もいるとか。
なかなか道のりの長さを感じてしまいますね。
しかし、自分の音を出せた時の喜びは格別だと聞きます。
サックスを始めた方には、是非、吹き方をマスターして、オリジナルな音を出せるまで頑張って貰いたいと思います。

『吹いてみないと……』

サックスのマウスピースには2種類あるそうです。
アコースティックに合う『ラバー』、電気楽器と音を合わせられる『メタル』。
しかし、これは大まかに分類したもので、それぞれのマウスピースにも、更に細かく種類が分かれているそうです。
サックス奏者はマウスピース談義で幾らでも話が出来てしまう、というくらいですから、その種類がどれだけ多いかが分かりますね。
マウスピースは実際にサックスを吹いてみて、その音を聞いてみないと良し悪しが分からないので、購入する際には必ず試奏することを勧められます。
ちょっと困ったことに、マウスピースを試すだけのつもりが、だんだん乗ってきて何時間もマジ吹きをする人が店で見受けられるんだとか。よっぽどサックスが好きなんですね。
サックス奏者にとって、マウスピースは一生頭から離れない存在のようです。

<お気に入りリンク>
美容外科の高須クリニックについて| 腎臓病食の宅配ってどう?| ボサノバな小野リサ| 公認会計士の試験は大変だ| 視覚恐怖症を克服したい| 脱毛はミスパリがオススメ| 狂犬病の予防接種を良く知ろう| 失業保険給付中のバイトのススメ| 錦糸眼科のレーシック|
Copyright © 2008 サックスをカッコ良く吹きたい